ガス料金

原料費調整制度

原料費調整制度とは

  1. (1)原油価格や為替レートの変動によるLNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)の原料費の変動に応じて、ガス料金を調整する制度です。
  2. (2)貿易統計に基づく、3ヶ月の平均原料価格と基準となる原料価格(基準平均原料価格 86,220円/t)を比較し、その変動分について調整額を算定し、基準単位料金(1m3当たり 単価)を毎月調整します。
  3. (3)平均原料価格が基準平均原料価格を上回る場合はプラス調整を、下回る場合はマイナス調整を行います
  4. (4)料金の大幅な変動を避けるため、平均原料価格が上限値(137,950円/t)を超えた場合は、上限値(137,950円/t)を平均原料価格として調整します。
  5. (5)調整額の算定については、原料価格変動額100円につき単位料金を1m3当たり0.082円(税抜き)調整します。
  6. (6)調整額のガス料金への反映時期については、原料価格の3ヶ月平均値を中2ヶ月の間隔をおいて、次の1ヶ月分のガス料金に反映します。
    (例:1~3月の平均原料価格については、6月分のガス料金に反映します。)
調整単位料金の適用月 平均原料価格の算定期間
1月 前年8月から10月までの平均原料価格
2月 前年9月から11月までの平均原料価格
3月 前年10月から12月までの平均原料価格
4月 前年11月から当年1月までの平均原料価格
5月 前年12月から当年2月までの平均原料価格
6月 当年1月から3月までの平均原料価格
7月 当年2月から4月までの平均原料価格
8月 当年3月から5月までの平均原料価格
9月 当年4月から6月までの平均原料価格
10月 当年5月から7月までの平均原料価格
11月 当年6月から8月までの平均原料価格
12月 当年7月から9月までの平均原料価格